トップページ > 取り扱い豆の紹介 > 青豌豆

青豌豆(あおえんどう)

青豌豆(あおえんどう)煮ても、潰しても多彩な料理に使用できる優れた豆
 青豌豆は人類と最も古い関わりをもつ豆類です。本格的な栽培は明治時代からで欧米各国から多くの品種が導入され生産されています。現在は大半が輸入品でカナダ・イギリス・中国などから輸入していますが当社は北海道で“大緑”と言われる品種です。

 青豌豆は皮が固く、同じ畑に続けて栽培されることを極端に嫌い連作すると収量は激減します。用途は甘納豆・煮豆・うぐいす餡・炒り豆などです。
※莢豌豆(莢付きの豆)とは違います。ご注意下さい!。

 
青豌豆(あおえんどう)を
お好きな量だけ卸し価格でお買い求めできる
↓↓--ショッピングサイトはこちら--↓↓


青豌豆(あおえんどう)をお好きな量だけ卸し価格でお買い求めできるショッピングサイト
その他のえんどう類はこちら
赤豌豆(あかえんどう)  赤豌豆