トップページ > 取り扱い豆の紹介 > 大正金時豆

大正金時豆(たいしょうきんときまめ)

大正金時豆(たいしょうきんときまめ)形、味ともに優れ、煮豆に人気
 金時豆はいんげん豆の代表的な種類です。中でもよく知られているのが圧倒的な生産量を誇る「大正金時」という品種です。昭和初期に北海道の十勝地方の幕別村で見つけられ、大正村(現在は帯広市内)で量産されたことからその名が付きました。金時豆は粒の形が良く、食味も優れていることから、煮豆用に最も適した豆とされ、洋風の煮込み料理にもよく用いられます。甘納豆の原料としても重要です。

 
大正金時豆(たいしょうきんときまめ)を
お好きな量だけ卸し価格でお買い求めできる
↓↓--ショッピングサイトはこちら--↓↓


大正金時豆(たいしょうきんときまめ)をお好きな量だけ卸し価格でお買い求めできるショッピングサイト
その他のいんげん類はこちら
虎豆(とらまめ)  虎豆   白花豆(しろはなまめ)  白花豆
大福豆(だいふくまめ)
 大福豆   紫花豆(むらさきはなまめ)  紫花豆
大手亡(おおてぼう)  大手亡