トップページ > 取り扱い豆の紹介 > 岡山県産備中だるまささげ(赤ささげ)

岡山県産備中だるまささげ(赤ささげ)

秋田県産赤ささげ(あきたけんさんあかささげ) 全国的に赤飯の豆として定着
 日本では古くから栽培され、平安時代にはすでに「大角豆」の記録が残されていますが、アフリカ原産のものが中国を経て渡来したと言われています。同種の赤ささげは主に関東以南の暖地で栽培されています。昭和30年代までは国内でも生産が盛んでしたが、以後減少しています。日本で生産されるのは少量で赤ささげが多く、輸入豆には、白色、赤色、黒色のものもあります。

 全国的に小豆に代わって赤飯に用いられるこが多いのですが、これは小豆よりも煮くずれしないことに由来します。資料提供:豆類基金協会

 赤ささげは小豆によく似ており間違われやすいのですが豆の「ヘソ」の部分が縦長なのが小豆で丸いのがささげ豆です。赤ささげは主に関東方面で利用されておりますが、赤ささげを作った赤飯は薄いピンク色(桜色)でとても上品な仕上がりになります。

岡山県産備中だるまささげ(赤ささげ)を
お好きな量だけ卸し価格でお買い求めできる
↓↓--ショッピングサイトはこちら--↓↓


秋田県産万福ささげ(赤ささげ)をお好きな量だけ卸し価格でお買い求めできるショッピングサイト
その他のささげ類はこちら
秋田県産黒ささげ(くろささげ)  秋田県産黒ささげ   タイ産ブラックペルン(黒ささげ)  タイ産ブラックペルン
 (黒ささげ)