トップページ > 取り扱い豆の紹介 > 大納言小豆

大納言小豆(だいなごんあずき)

大納言小豆(だいなごんあずき)生産地と品種
 大納言の栽培面積が一番多いのは北海道で「アカネダイナゴン」「ほくと大納言」「とよみ」などの品種があります。
 兵庫県、京都府ではそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があり「丹波大納言」は特に種皮が赤く、大粒で俵型をしており江戸時代から全国的にその名を知られています。

名前の由来と用途
 大納言は、小豆の中でも特定の品種群に属しています。
 その名の由来は、【煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた】とも言われています。
 大納言は大粒で種皮も厚いことから煮くずれしにくく、甘納豆や高級小倉あんの原料として用いられます。
資料提供:豆類基金協会

 
大納言小豆(だいなごんあずき)を
お好きな量だけ卸し価格でお買い求めできる
↓↓--ショッピングサイトはこちら--↓↓


大納言小豆をお好きな量だけ卸し価格でお買い求めできるショッピングサイト
その他の小豆(あずき)類はこちら
大粒北海小豆(おおつぶほっかいしょうず)  大粒北海小豆   北海道産契約栽培小豆  北海道産
 契約栽培小豆
小豆(あずき)  普通小豆   白小豆(しろあずき)  白小豆